マンション売却のことを相談できるサイト


HOME > 相談事例 > 年収と住宅ローンの関係

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

年収と住宅ローンの関係

■ポッドキャスト(音声)で聞く⇒《音声再生ページ


今回はですね、埼玉県の匿名希望さんから頂きました御質問にお答えしたいと思います。
「住宅ローンで家を買いたいのですが、年収が低い場合でも買えますか?」
「住宅ローンで家を買うのですが、年収が少ない場合でも買えますか?」という御質問を頂いてます。
ありがとうございます。


この質問なんですけども、住宅ローンを借りてですね家を買う場合に金融機関は年収の何%ぐらいだったら返済できるかな?という事を計算する訳ですね。
で、大体1つのこのガイドラインとしましては、大体年収の30%~35%この範囲以内で返していける住宅ローンなら返せるだろうという計算をします。


ただですね、これが年間の所得がですね少なくなると負担の比率が減ります。
どういう事かと言うと、じゃあ年収400万円の人だったら30%までの返済だから年間120万円の住宅ローン返済はできるだろうと考える訳ですね。
しかしこれがですね、年収が200万円ぐらいしかないと。


なるとですね、その内の30%って言ったら60万円なんですよ。
するとですね、非常に毎月の生活が30%も住宅ローンに払っていくと大変だろうという事で逆にこの計算式が25%になったりというようにですね、年収が低いとその分返済の負担比率も低く計算してそれで返していける金額かどうかというのが調整で考えさせられます。
考えます。


逆にですね、年収が高い場合、例えばですね年収が2千万あったとしましょう。
2千万ある方であればですね、その内の30%って言ったら600万なんですよ。
600万円年間に払うって事は月間で大体50万円ぐらい返済できるって事なんですけども、まあそれはちょっと極端な例としましても逆に2千万円ももらってれば年間1千万円住宅ローン払っても残りの1千万円で生活できるだろうという風にも考える訳ですね。


ですから返済の負担率は30%じゃなくてですね50%でも家を買えるという可能性はあります。
依ってですね、年収が低い場合はその分、返済負担比率が下がりますので、大きなお金の借り入れがなかなかしにくいって事が言えると思います。


またですね、逆に年収が多い場合はですね大きなお金でも借り入れができるという事が言えると思います。
ただですね、この実際の毎月毎年の返済額に対して、あとは金利の見方というのがありますので、これは必ずですね一度銀行の窓口に行って頂いてですね自分の年収、そしてですねもう1つは雇用形態。
どういった形態で働いているのか?
正社員なのか派遣なのか日雇いなのか、月給制なのかですね。
この辺りもしっかり分かる資料と一緒に銀行に相談に行ってですね、今自分が返済をしていける額、買える家の額を調べる。


これは1つやって頂きたいと思います。
今日はですね「年収によって家が買えますか?」という事についてお話をさせて頂きました。


>> サイトマップ


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

▲PageTop

マンション売却 相談フォーム

新着記事

カテゴリ

会社概要

株式会社ユービーエル

〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル

マンション売却のお問い合わせは、0120-20-3788
電話受付 9時~19時
(水曜日を除く)

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!


HOME - 売却について - 売却の流れ - 不動産売買成功レッスン - 相談事例