マンション売却のことを相談できるサイト


HOME > マンション売却成功レッスン > 第304回 売り出し価格を下げる場合には価格帯に注意

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

第304回 売り出し価格を下げる場合には価格帯に注意

ポッドキャスト(音声)で聞く⇒《音声再生ページ

『マンションを売る時の値下げのポイント』これは2つあります。
そしてですね、今日お話するのはその一つめ『価格帯』ということです。

例えば、あなたが3000万円でマンションを売ってる。
これを徐々に売れないから値段を下げていきますよね。

ある時、2600万円に下げた。
この2600万円に下げたんだけどなかなか売れないと。

その時に不動産屋さんから「じゃあ、2600万円だから2550万円ぐらいに下げませんか?」という話があったとしましょう。
この2600万から2550万の値下げ、これはあまり意味がありません。

何故かと言うと、不動産を探す人というのはある価格帯毎にお客さんがいる可能性が極めて高いからです。
この理由は、昔はあまりこういうこと感じなかったんですけど、最近買う方がほとんどインターネットで家を探す場合が多いです。

そして、インターネットで家を探す場合にどれぐらいの値段の家を買うかという事の価格設定をする時、これが実は500万円単位になってます。
実際にどういう感じか見てもらうと。これはヤフーの不動産の検索です。

見て頂きますと、この価格の選ぶ所が、例えば1000万円以上~1500万円以下とかですね500万円刻みなんですね。
ということは、例えば2500万円まで探されてる方がいたとしても、2600万円で売ってるマンションを2550万円に下げたとしても、結局は2500万円を切らないと2500万円以下で探されてる方には見れないわけですね。

そういった意味でも、この500万円単位の価格帯。これを意識した値段を下げる。
これをしなければなりません。

ですから、例えば2600万円で売ってる物件を次に下げるんだったら2550万円じゃなくて、もうちょっと頑張って2490万円。
この2500万円以下で表現される所に出てくることによって、新しいお客さんから目に付くというような状況になります。

ですので、マンションを売る時は値段を下げる時に、まずこの今日は一つめ『価格帯の法則』。それは、この500万円単位になってますので、この500万円単位というのをよく意識しながら値段を下げていく。
これをよく考えて頂きたいと思います。

関連記事

マンション・不動産の売り出し価格を下げるポイント
マンションの売り出し価格の下げ方のコツ


>> サイトマップ


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

▲PageTop

マンション売却 相談フォーム

新着記事

カテゴリ

会社概要

株式会社ユービーエル

〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル

マンション売却のお問い合わせは、0120-20-3788
電話受付 9時~19時
(水曜日を除く)

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!


HOME - 売却について - 売却の流れ - 不動産売買成功レッスン - 相談事例