マンション売却のことを相談できるサイト


HOME > マンション売却成功レッスン > 第244回 値下とお金の使い方

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

第244回 値下とお金の使い方

■ポッドキャスト(音声)で聞く⇒《音声再生ページ

今日はですね「マンションを売却する時の値下げの幅」「マンションを売却している時の値下げの幅」これについてお話をしたいと思います。マンションを売りに出してるけどなかなか売れないという事でいよいよ値下げをするっていう事があると思うんですね。

ただ、この時にどれぐらい値段を下げたらいいのかというのはですね非常に悩む所だと思います。例えばですね、3000万円で売りに出してる家をじゃあ次に値下げをする時はどこまで下げればいいのかって話になる訳ですね。

しかし、この値下げというのは単純に値段を下げる方法もありますし、あともう1つ違ったやり方をしてっていう事も出来る訳です。
その今日はですね、もう1つの方法、値段を下げる際にこういう事もしてみてはどうかという所について細かくお話をしていきたいと思います。

単純に値段を下げるという事は先程もお話した通り3000万円の家を2800万円にするとかですね。こういう作業になります。
で、この時なんですけども、まずやり方としまして1つ目は値段を下げるのだったらリフォームをしたらどうなるだろうかって事を考えます。

例えば、次に2800万になるって事は200万円あるんですね。
じゃあ、もし200万円値段を下げるんだったら100万円かけてリフォームして、もう3ヶ月間3000万で売り出してみようじゃないかって事も考えられると思うんですよ。

で、ただですね、これは勿論リフォームをするべきかどうかという部分は住みながら売ってる場合はなかなか難しいんですけども、ただ値段を下げる事とリフォームにお金をかける事というのはお金を使う。お金を売り出し価格ですから手に入れるお金を減らすという部分では全く同じ作業なんですね。

そういう意味ではいきなり値段を下げるのではなく、痛みの激しいマンションであれば先にリフォームを1回してみるという事も考えていいかと思います。
3LDKのマンションで所謂、表面の部分ですよね。

クロスを張り替えたり、畳の表替えしたりフローリングを取り替えたら高くかかりますけども、カーペットだったらカーペットを張り替えましてですね。で、あとハウスクリーニング入れても、これはあくまで概算ですけども100万円ぐらいで出来るんですよね。

で、多分これでお釣り十分返ってくると思います。そういう意味では100万円下げるんだったら内装を綺麗にするって事も出来ますので、まずは値段を下げるんだったらリフォームをするって事もですね1つの考え方として置いておいて頂いたらいいと思います。

で、それとですねもう1つは広告です。
不動産屋さんというのは成約をしてから手数料をもらうって事で広告料というのをですね自分の中でこの手数料の中で賄っていく訳ですね。

そういった意味ではなかなか値段を高い状態で売りに出して売れないって事は、その物件に対して広告を出しても反応が少ないだろうという事でなかなか広告出来ない訳ですよ。
それに広告と一言で言いましても多分皆さんが思われているよりもお金がかかります。

お金はかかります。例えば、地域だけですね。
近くの地域でまいていって1000枚チラシを作ったとしてもこれはですねポスティングをして印刷をしたら、やはりそこそこお金かかる訳ですね。

そういった意味ではなかなかこう沢山の枚数を配る事が出来ない。特に価格の安い物件である場合は数百万円の物件だったら手数料は20万とか30万なんですよ。

そのうちに広告費が5万円かかった、6万円かかったっていう事を何度も繰り返す訳にはいかない訳ですね。じゃあ、どのようにすればいいのかっていう事で売主としては値段を下げる事によって売れる可能性が高くなるから、そこでチラシをまいて欲しい訳ですよ。

だけど、不動産屋さんとしてはなかなか値段が安い物件なのでチラシを沢山まくとコストが合わないって事になる訳です。例えば、800万円の物件を今回750万円にするって事の場合、不動産屋さんにこういうお願いしてみるんですね。

「分かりました。50万値段を下げるって事は了解したんですが、例えば760万にして頂いてあと10万円は広告費として使って頂けますか?このマンションのチラシを作ってまいてくれますか?」って事を不動産屋さんにお願いする。
これも値段を下げるんだったら同じお金を使うんだったら同じ方法なんですね。

そういった意味では単純に売ってる物件の値段を下げるというのは極めて簡単な事なんですけども、じゃあ下げるんだったら同じ下げ幅の中でリフォームをする。
または、それを広告費の予算として不動産屋さんに使ってもらう。

こういった事をする事で少しでも値段を下げることなく好条件で売れる。
あくまで可能性かもしれませんけども、それが出来る訳ですよ。

そういった意味ではやらないだけで損ですので、不動産屋さんとよく相談して頂いてですね値段をガックリ下げるんだったらリフォームをする事を考えたりチラシをうつ事を考えてトータル的なそういう部分も含めて値段を下げていくっていう事を考えて頂きたいと思います。今日はですね、値段を下げる時には、ただ単純に値段を下げないって事についてお話をさせて頂きました。


>> サイトマップ


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

▲PageTop

マンション売却 相談フォーム

新着記事

カテゴリ

会社概要

株式会社ユービーエル

〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル

マンション売却のお問い合わせは、0120-20-3788
電話受付 9時~19時
(水曜日を除く)

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!


HOME - 売却について - 売却の流れ - 不動産売買成功レッスン - 相談事例