マンション売却のことを相談できるサイト


HOME > マンション売却成功レッスン > 第66回 手付金の額のポイント

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

第66回 手付金の額のポイント

■ポッドキャスト(音声)で聞く⇒《音声再生ページ


それでは今日はですね前回に引続きまして、手付金についてお話を続けていきたいと思います。
手付金なんですけども、一般的には売買価格の10%、約10%ぐらいって言い方をしますよね。
例えば3000万円の場合だったら300万円の手付金、2000万円の物件であればですね契約上の手付金は200万とかですね、そういったパターンが多いですね。


あとですね、例えば3280万円の物件の場合はですね、もう320万ねとかですね。
端数を切ったり、そういう事が行われる訳ですね。
どういう事かと言うと、まず手付金の額には定めがないんですよ。


売主さんが不動産業者で買主さんが一般の素人さんっていう場合はですね手付金を預かる上限というのが実は決まってますので、それに抵触しないようにしなくちゃいけませんが、一般の方の売買の場合は実は手付金の額と言うのは実は決められたものがないんですね。


ですから、例えば3000万円の売買であってもですね、手付金を5万円とか10万円。
こういう風にすることは可能です。


但しですね、これにはいろんな問題っていうかですねポイントがありますので、今日はそこをお話していく訳ですけども、この手付金、売主さんの立ち場で言うと、


できれば2割ぐらいを預かりたいとこなんですよ。


何故かと言うと自分が家を売る、そして手付金を2割入れておくと。
そしてですね、買主さんがもし他にいいものを見つけてしまった場合、買主さんがもしこの契約をやめようとした場合に手付金を売主さんに対して放棄して、そして新しい物件を買わなくちゃいけない訳ですね。


ですので、売主さんっていうのはあまり気が変わるって事はないんですけども、買主さんが気が変わる可能性もある。
そしたらその時に手付金がですね、5万円とかだったら「いやー、もう5万円捨てて、もうこれで売主さん勘弁して下さいね。私は他の物件買いますから」って言われたら、対抗できないんですよ。


ですから、できるだけ手付金というのは売主さんの立場とすれば多く預かる方が、買主さんが浮気をしない可能性の方が強いのでいいかと思います。


でも実はこれはひっくり返して言えば買主さんも同じであって売主さんのとこにですね、「いやーもうちょっといい条件で買いますよ」って人が出てきたら、買主さんが支払った手付金を放棄して売主さんがそちらへ行っちゃう可能性もありますよね。


ですので、手付金と言うのは規定がありませんから安くして契約する事もできますが、安くしたが故のリスクこれも背負う必要があると思いますので、できればですねやはり手付金は最低1割、できれば2割これぐらいを目指して契約をするようにして頂くといいと思います。


■ポッドキャスト(音声)で聞く⇒《音声再生ページ

⇒iTunesStore:iTunesをPCにインストールされている方は、[コチラ]からも聞けます。


番組に関するお問い合わせ。
田中に対する叱咤激励。
20@3788.jp までお送りください!!


>> サイトマップ


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

▲PageTop

マンション売却 相談フォーム

新着記事

カテゴリ

会社概要

株式会社ユービーエル

〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル

マンション売却のお問い合わせは、0120-20-3788
電話受付 9時~19時
(水曜日を除く)

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!


HOME - 売却について - 売却の流れ - 不動産売買成功レッスン - 相談事例